株式会社ワイズエッジは、競争しない企業体質「動的安定経営」を実現するためのリテイナー型コンサルティングを提供しています。
  • ワイズエッジ

実践経営コラム「黒字経営のその先へ」

なぜ社長では企業再生できないのか

【要旨】 資金繰りが危機を迎えてからの再生は、時間との勝負になるために、初めて経験する社長が試行錯誤しながら進めるゆとりはありません。   では、業績に翳りが見えて来た初期段階でのプレ再生の方が簡単かと言うと、 …

「再生できる会社」と「再生できない会社」の違いとは

【要旨】 資金繰りに行き詰まりが見えてから再生に着手すること自体が、再生の可能性を下げます。いま業績好調な経営者は、無限成長や永続繁栄を信じるのではなく、企業にもライフサイクルがあることを受け入れ、資金繰り改善から入る再 …

原因を結果論で見ている限り見つからない”成功の条件”

役に立たない倒産原因分析 2017年上半期の企業倒産件数は、1990年以来の低水準に下がったとはいえ、4,000件強の企業が倒産しています。   企業の倒産原因は、統計上いくつかに分類されています。中小企業庁に …

「経営の仕組み化」「社長がいなくても会社が回る」は理想の経営といえるか?

社長にとって理想の経営とは 経営者の方との話の中で、「どんな経営の姿を理想としていますか?」という質問をすることがあります。   答えには、社長の個性が表れるため、いろいろな理想像がでてきます。   …

「コミュニケーション能力が高い人」とは、どんな人?

採用で重視するのは「コミュニケーション能力」 一昔前だと、欲しい人材の特徴として、「真面目」「誠実」「勤勉」「健康」などをあげる社長が多かったものです。   無遅刻無欠勤で仕事に粛々と取り組む、寡黙でもいいから …

「結果にコミットする」身体づくりに潜む闇

肉体改造のビフォー・アフターの写真 「結果にコミットする」のキャッチコピーですっかり有名になったRですが、身体のビフォーとアフターの劇的な違いを見せつける画像もお馴染みになりました。   参考画像▼ &nbsp …

お知らせ

『近代中小企業』11月号に連載コラム「なぜ? 事業がつまづいてしまったのか・・・」の第4回が掲載されました

5回連載記事「なぜ? 事業はつまずいてしまったのか・・・」の第4回目「新規事業で避けたい『やらない失敗』と『やる失敗』」が掲載されました。 ⇒ 記事全文はこちらからご覧になれます 

JIJICO専門家コラムに寄稿しました

たばこ増税検討の背景とは?他の増税もありうる?

『近代中小企業』11月号に連載コラム「なぜ? 事業がつまづいてしまったのか・・・」の第3回が掲載されました

5回連載記事「なぜ? 事業はつまずいてしまったのか・・・」の第3回目「なぜ、社長では企業再生ができないのか」が掲載されました。 ⇒ 記事全文はこちらからご覧になれます 

JIJICO専門家コラムに寄稿しました

衆議院選挙の結果を受けて 扇動政治と政治家の矜持について

JIJICO専門家コラムに寄稿しました

日本の経済は復活しているのか?日本が目指すべき先は?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社ワイズエッジ All Rights Reserved.