株式会社ワイズエッジは、競争しない企業体質「動的安定経営」を実現するためのリテイナー型コンサルティングを提供しています。
  • ワイズエッジ

実践経営コラム「黒字経営のその先へ」

「コミュニケーション能力が高い人」とは、どんな人?

採用で重視するのは「コミュニケーション能力」 一昔前だと、欲しい人材の特徴として、「真面目」「誠実」「勤勉」「健康」などをあげる社長が多かったものです。   無遅刻無欠勤で仕事に粛々と取り組む、寡黙でもいいから …

「結果にコミットする」身体づくりに潜む闇

肉体改造のビフォー・アフターの写真 「結果にコミットする」のキャッチコピーですっかり有名になったRですが、身体のビフォーとアフターの劇的な違いを見せつける画像もお馴染みになりました。   参考画像▼ &nbsp …

「学歴は努力の証明書」はとんだ思い違い

1 日本は学歴社会なのだろうか 2015年の4月に放映された日本テレビの『解決!ナイナイアンサー』の中で、『高学歴の利点』として、あるタレントが発言した内容が、ちょっとした話題になりました。 参考記事:「学歴は努力の証明 …

なぜできる経営者はスポーツを習慣にしているのか

低空飛行なスポーツ遍歴から学んだこと いきなり私事で恐縮ですが、私のスポーツ遍歴についてです。   小学一年生のときに剣道を始めてから高校まで続け、大学に入ってからはアイスホッケーに鞍替えし、卒業後も30歳頃ま …

経営理念が組織に浸透しない本当の理由

経営理念を持っている会社は多い 日本の古い商家で、「家訓」を大事にしているところが多いのは、ご存じのとおりです。   例えば、戦前の三大財閥と言われていた三井、三菱、住友は十ヶ条ほどの「家訓」をそれぞれ持ってい …

働き方改革~労働生産性の向上は「効率化」の推進ではない

電通新入社員の自殺でクローズアップされた「長時間労働の是正」 一昨年12月に電通新入社員の自殺した原因が、過重労働だったとして労災認定され、各方面で様々な議論を呼んでいます。   この結果を追いかけるように、厚 …

お知らせ

JIJICOの専門家コラムに寄稿しました

シルバー民主主義は日本をどのように変えていくのか?

”ICTのmikata”内の連載コラム3回目が掲載されました

【タイトル】誰も言わない経営者が持つべき“働き方改革”の視点 第03回 労働生産性向上のために、労働時間の短縮より重要なこととは

JIJICO専門家コラムに寄稿しました

全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点

”ICTのmikata”内の連載コラム2回目が掲載されました

【タイトル】誰も言わない経営者が持つべき“働き方改革”の視点 第02回 「日本の労働生産性は低い」は本当か?

”ICTのmikata”でコラム連載を始めました

富士通マーケティングの「ICTのmikata」内で、コラムの連載を始めました。 【タイトル】誰も言わない経営者が持つべき“働き方改革”の視点 第1回「 ”働き方改革”推進の第一歩は3つの視点の違いを理解すること」

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社ワイズエッジ All Rights Reserved.