1 50人に1人いる社長

国税庁の統計資料によると、日本には約255万社の法人があります。

 

255万人の法人があれば、同じ数だけの「社長」がいることになります。

 

日本の全人口が1億2.700万人ですから、だいたい老若男女合わせて50人に1人の割合で「社長」がいるんですね。

 

仕事柄、社長と会うことが多いのですが、社長という言葉によく似た言葉に「経営者」があります。

 

この2つの言葉は、使われる場面が大変に似通っているので、単に「私と僕」くらいの表現の違いだと理解している人が多いのではないでしょうか。

 

でも、これほど「似て非なる」という形容がよく当てはまる言葉のセットもありません。

 

なぜなら、ある企業では「社長だけれども、経営をしていない人がいる」一方で、別の企業では「社長ではないけれど、経営をしている人がいる」からです。

 

ところで、別の視点から社長という言葉の仲間を探すと、部長・課長・係長といような「長」繋がりの言葉があります。

 

「〇長」というネーミングの法則から分かることは、ヒエラルキーを前提として、その会社の組織上のトップであることを示す表現が「社長」ということになります。

 

だから、基本的には社長がいない会社はあり得ないことになります。

 

と言うものの、理論的には、いろいろ考えることが出来るので、必ずしも社長という肩書きの人物がいなくても組織は成り立ちます。

 

例えば、部長までしか設定せずに、部長会を実務的な運営機関として、部長会議長を選出するみたいなスタイルです。

 

まあ、そういうレアな話はともかくとして、「社長」になることは案外簡単です。

 

ちなみに、「社長」になる方法は4つあります。

 

  1. 起業する
  2. 同族企業において事業承継する
  3. 社内で出世の階段を登り詰める
  4. ヘッドハンティングで落下傘降下する

 

これら4つの中で、最も簡単に社長になる方法はどれでしょうか?

 

それは1番目の「起業する」方法です。以下、番号が大きくなるにしたがって、難易度も正比例して上がることになります。

 

30万円くらいのお金があれば、株式会社を1円起業して、誰でも社長になることができます。

 

 2 いまさらながら「経営」とは?

「経営者」とは「経営する者」という意味ですから、「経営者とはなにか?」を考えることは、「経営するとはなにか?」≒「経営とはなにか?」を考えることを意味します。

 

そこであらためて問います。

 

「経営」とはなにか?

 

もし、その「答」を知りたければ、こんなコラムを読むのは止めて、Googleで検索する方が手っ取り早いかもしれません。

 

でも、「経営とは」をキーワードにした検索結果をどれほど読んでみても、血液型診断におけるバーナム効果よろしく、何かを語っているようで何も語っていない文章しか見つけることはできません。

 

そのワケは、経営学の試験で点数を取るための「経営」の定義は存在しても、実務的な意味での「経営」の明確な定義は存在しないからです。

 

「経営」とは、一人ひとりの経営者にとって異なるものなのです。と言うか、異なるものでないといけないのです。

 

 だから、「経営者」になるためには、自分にとっての「経営」を定義する必要があります。

 

裏を返すと、自分にとっての「経営」が定義されていない限り、社長であったとしても経営者にはなれません。

 

世の中を見渡すと、社長がトップ営業マンであったり、人事管理責任者、財務管理責任者であったりする会社がたくさんあります。

 

その企業の職務分掌として、社長にトップ営業マンの仕事を割り振るのは自由です。

 

特に少ない人員数で業務運営をしていく必要のある中小企業にとって、一人で複数の仕事をこなせることは望ましいことです。

 

問題は仕事の数ではなくレベルです。社長が部長レベルの仕事しかしていない企業の数が想像以上に多いのです。

 

社長が部長レベルの仕事しかしていない会社では、他の社員については推して知るべし。

 

部長は課長レベルの仕事に留まり、課長は平社員レベルの仕事をしていて、平社員はほとんど戦力になっていません。

 

僭越ながら申し上げると、社長が経営者でもある会社は、100社のうち多く見積もって2,3社というところです。

 

それ以外の会社については、社長は統括部長に過ぎず、経営者ではないのです。

 

なぜなら、自分にとっての「経営」を明確に定義していない社長だからです。

 

3 優れた経営とは?

世の中には考えて生きている人と、考えないで生きている人がいます。

 

そして、本当の意味で考えて生きている人は、絶対に成功します。

 

これはあらゆる分野において当てはまることですが、特にビジネスの世界では、これはもう絶対的と言って構わない法則です。

 

ビジネスで成功するために一番重要なことは、頭がいいかどうかでも、才能があるかどうかでもありません。

 

どれだけ深く考えているか、どれほど長く考え続けているかこそが重要なのです。

 

残念ながら、多くの社長は考えているようで、実は考えていません。

 

たとえば、「会社を成長させたい」と言う社長は多いけれど、そういう社長が「会社が成長する」とはどういうことか、ネチっこく考えているかというと、考えていないことが多いのです。

 

自分にとっての経営とは何であり、優れた経営とはどのようなことを指すのか、その「経営とは」の定義づけを自分の中に持っていません。

 

でも、優れた経営とはそもそもどういうことなのかが明確でなければ、いくら頑張ってみたところで、優れた経営が実現するはずはありません。

 

 「売上と利益を伸ばす」は、考えていない社長がよく口にする答えですが、それは答えになっていません。結果に過ぎないからです。

 

では、優れた経営とは何を指すのでしょうか。

 

先ほど述べた通り、実はこの問いに、社長全員に当てはまる模範解答はありません。

 

自分にとって優れた経営とはどういうことなのか。逆に、劣った経営とはどういうことなのか。

 

それを深く考えることで、自分にとっての優れた経営と劣った経営の境目を見つけていくこと。

 

それが、各社長にとっての、この問いに対する答えになるのです。

 

4 考えればいいのではない

ホワイトカラーとブルーカラーという言葉があるように、仕事には頭脳労働と肉体労働という二つの分類があることになっています。

 

そして、ホワイトカラーは頭を使っているけれど、ブルーカラーは頭を使っていない、というイメージがあります。

 

でも、それは大いなる勘違いです。

 

どんな職業、職種の人であっても、考えている人は考えているし、考えていない人は考えていません。

 

社長であっても考えていない人はいるし、一方で職人さんの代表格である大工さんでも、考えながら仕事をしている人はたくさんいます。

 

考えながら造作をしている大工さんと、何も考えずにやっつけ仕事をしている叩き大工さんでは、当然出来上がった家に大きな違いが現れてきます。

 

こう言うと、賢明な方はこう考えることでしょう。

 

考えている大工さんはいい家を建て、考えていない大工さんはダメな家を建てるに違いない。

 

しかし、ことはそう単純ではありません。

 

確かに考えていない大工さんがいい家を建てることはありません。

 

でも、考えた大工さんが必ずいい家を建てるとは限りません。

 

どんな家になるかは、大工さんが「何を」考え続けてきたかによって違ってくるのです。

 

大工さんが、なるべくコストを抑えることを考え続けて建てた家は、徹底的にローコストの家になるでしょう。

 

一方で、どうしたら木肌の温もりのある家になるのか、ということを考え続けた大工さんが建ててた家は、住み心地の良い家になるはずです。

 

どうやったら儲けが大きくなるかを考えて家造りをする大工さんと、どうしたら家族が幸せに暮らせる家になるのかを考えて家造りをする大工さんでは、行き着く先は当然違ってきます。

 

頭がいいか悪いかより、考えているか考えていないかが重要なように、同じ「考えている」でも、「何」を考えているか、「どこまで」考えているかということが、さらに重要なことなのです。

 

5 経営者とは

経営の基本とは何か。何のために自分は企業経営をするのか。優れた経営とはどういうことか。

 

こうしたことを考えずに、ただ漠然といい会社にしたい、いい経営をしたいと思っていても、決して実現することはないでしょう。

 

私見を申し上げると、経営の基本は「自らの強みを生かして社会の役に立つ」ことだと考えています。

 

自社の強みは何か。その強みを生かして誰の役に立つのか。どうやって役に立てるのか。それが社会においてどう役立つのか。

 

こうしたことを考える最大の意義は、仕事における軸がブレなくなることです。

 

軸がブレるときは、たいていの場合、視点がどこか一ヵ所に偏ってしまったときです。

 

会社の役に立とうということばかり考えていると、どうやったら売上があがるかばかりを考えてしまし、顧客を疎かにすることになります。

 

反対に「お客様は神様です」とばかりに、顧客の要望にご無理ごもっともと従い続けていたら、仕事の本質を見失うおそれがあります。

 

より高い視座から俯瞰することが必要になります。

 

顧客が満足しているかどうか、その満足を通して社会に役立っているかどうか、そして自社の強みを生かしているかどうか、この3つが見えていれば軸がブレることはありません。

 

深く考えるということは、さまざまな視座と視点で、ひとつのものごとを考え続けることと言い替えることができます。

 

だから、人は何かについて深く考えると、そこに成長が起きます。

 

したがって、経営者とは、経営についての答えを知っている人ではありません。

 

無知の知であるがゆえに、経営について飽くことなく深く考え、仮説と検証を繰り返し続けている人、それが経営者なのです。

 

社長であると同時に、経営者と言えるかどうか、自らに問い掛けてみてください。