NHKの大河ドラマで『軍師官兵衛』が放映されたことで、「軍師」や「ナンバー2」という言葉が注目されている。

 

企業経営においても、ナンバー2の役割が重要なことは間違いない。私も二代目経営者時代、先代からの役員と今後の方針について折り合いがつかず、結局退任してもらうまでに1年半の時間がかかったことがある。

 

その後、崖っぷちに立った企業において、専務や常務が社長の足を引っ張ることで、状況の悪化を加速している姿をよく目にしている。

 

また、企業経営に限らず、趣味のグループ活動のような日常的な場面においても、ナンバー2の存在がリーダーと同じくらい、より良い組織運営のために重要です。

 

ナンバー2が重要な存在であることは間違いない。
では、優れたナンバー2とはどんな人材なのだろうか?

 

この問いに答えるにあたり、先ずはナンバー2という言葉を使った文章を二つを見てみよう。

〇 専務がナンバー2でいてくれるからこそ、うちの会社は成り立っている。
〇 会社のナンバー2として次期社長となることが予定されている。

 

この二つのナンバー2の使い方には意味に違いがある。

1番目は、「補佐役」という意味。
2番目は、「ナンバー1筆頭候補」という意味。

 

社長にとって先ず必要なナンバー2は「補佐役」であるが、優れた補佐役の条件とは何か?
その答は、こうなる。

 

決まっていない。社長がどういう人物かによって変わってくる。

 

なぜなら、社長(特に創業社長)は偏った能力を持った人が多いからだ。

 

モノを売らせたらナンバー1という人。技術力においてナンバー1という人。

 

このように一芸に秀でていたからこそ、売上を拡大して人を雇い会社という組織を率いるようになったのが社長だ。

 

だからこそ、社長は企業経営をしていくうえで不得意な分野を抱えている。

 

不得意なことに努力して取り組んでいては、せっかくの長所が十分に活かせなくなってしまう。

 

そこで、補佐役として自分の不得意な分野をカバーしてくれる存在が必要になる。

 

つまりナンバー2=補佐役が優秀かどうかは、自分の不得手をどこまで補完してくれているかによって決まってくる。

 

したがって、Aという社長にとって優秀なナンバー2であったとしても、Bという社長にとっては必ずしも優秀なナンバー2ではない可能性がある。

 

一つの会社の中で言えば、今の社長にとって有用なナンバー2であっても、次期社長にとっては無用なナンバー2になる可能性があるということだ。

 

このことが特に問題になるのが、事業承継においてである。

 

先代社長は引退しても、古参役員はそのまま続投ということが良くある。

 

しかし、先代社長と後継社長では得意不得意の分野が異なるので、必要な補佐役としての能力も異なってくるはずだ。

 

後継社長は、自分にとって必要なナンバー2は先代から引き継ぐのではなく、自ら探し出すべきだろう。

 

しかし、世の中には「番頭経営」という考え方があって、創業家の社長を表看板にして、裏で事業を取り仕切るスタイルを勧めている人がいる。

 

個人的には、親子だからといって社長になることが良いことだと思わない。

 

経営方針の継続性が大切なら、番頭役の人間が社長になって、自ら責任をもって経営を行うべきだ。

 

一方で、「ナンバー1候補筆頭」としてのナンバー2は育てていく必要がある。

 

だだし、現経営者にとって役立つ補佐役を目指す必要はない。

 

さて、軍師官兵衛こと黒田孝高は、歴史上最優秀の参謀とかナンバー2と言われているが、彼だってどんな大名にも役立つ軍師であったとは思えない。

 

黒田孝高の優秀さは、仕える大名を良く観察し自分の能力が発揮出来る不得手を持った主君を選んだという点にあるのだ。

 

おまけに、黒田孝高は常にナンバー1になる機会を伺っていたところがあり、純粋な補佐役という意味では最高の存在と言えるかどうか分からない。

 

最後に、ナンバー2についてまとめてみよう。

 

自分がナンバー1になる人は、先ずは自分自身を見つめ、得意不得意を見極めることで、必要なナンバー2を得ることを考える必要がある。

 

ナンバー2を目指す人は、求められる絶対的な能力などないと知るべきだ。

先ずは自分の得意分野を見出し、逆にその分野を不得手とするナンバー1になる人を巡り会うようにすることだ。

つまりは、ナンバー2にとって最初に不可欠な素質は、自分およびナンバー1の能力を客観的に分析する能力となる。