1 日本は学歴社会なのだろうか

2015年の4月に放映された日本テレビの『解決!ナイナイアンサー』の中で、『高学歴の利点』として、あるタレントが発言した内容が、ちょっとした話題になりました。

参考記事:「学歴は努力の証明書」で福田萌が炎上 ネットは「安っぽい自慢」「親のおかげと気づけ」と批判

 

具体的には、以下の発言が注目を浴びたようです。

 

「私達夫婦は、親の用意してきた道を歩んできたのではなく、学歴をつかみとってきたという誇りがある。努力の証明書として学歴がある」

 

 

なるほど。ある程度の学歴がある人が共通して持つプライドが、分かりやすく現れた発言です。

 

しかし、学歴の意味について、もっと深く考える余地があるのではないかと、私は考えています。

 

この女性タレントFさんは、ニュース記事を読んでみたところ、日本において学歴が有利に働くということに同意しているようです。

 

ここで、根本的な問いかけが生まれます。

 

日本は、そもそも学歴社会なのでしょうか?

 

学歴社会というのは、学歴によって職業選択、給与体系、出世速度などが左右される社会のことです。

 

この問いに答えるなら、「日本はそもそも学歴社会ではない」となります。

 

というのは、タレントFさんの主張とは裏腹に、学歴の差というものは、それに先立つ社会的階層差の「結果」だからです。

 

私たちの社会は「学歴によって序列化されている社会」ではなく、「学歴以前の各種条件付けによってあらかじめ序列化されている社会」だからです。

 

つまり、学歴における差別化は、すでに制度化している差別化の一つの現れに過ぎないと思うのです。

 

現に、このタレントFさんも、子どもにも学歴をつけさせたいとして、1歳の娘に知育教室など早くも3つの習い事をさせている、と番組内で語っています。

 

2 学歴社会が成り立つ条件

学歴社会とは、実はメリトクラシー(meritocracy)の原理を前提としています。メリトクラシーとは、実力主義や能力主義のことです。

 

人々はそれぞれの実力を発揮して、その社会的序列を上げてゆき、実力発揮の機会は全員に平等に与えられている、というのがメリトクラシーの考え方です。

 

メリトクラシーが日本において機能していると主張するためには、ある前提が成立していることが必要です。

 

それは、社会的選抜が、個人の能力や成果のみを基準に行われ、出身階層などの属性要因の影響を受けていないとする前提です。

 

でも、そのためには、個人の能力も努力も、生まれ育ちに関わりなく平等に分布している事実が存在する必要があります。

 

しかし、残念なことに、この事実が成立していないのが日本です。つまり、日本はメリトクラシー社会ではないのです。

 

なぜなら、とりわけ「努力する能力」は、あきらかに生まれ育ちの影響を受けることになるからです。

 

「勉強ができる」というのは、「頭がいい」という意味ではありません。

 

勉強のような「くだらないこと」に、限りあるリソースを惜しみなく注ぎ込むことが「できる」という、一種の「狂気」を身につけていることを形容しているに過ぎません。

 

そして、メリトクラシーというのは、努力する者に報いる制度です。それは、誰でもその気になれば努力することが出来る、ということを前提としています。

 

だけども、「その気になれば」というところに落とし穴があります。

 

人を評するに当たって、「やれば出来る人なんだけどね・・・」と言うことがありますが、これほど虚しい表現はありません。むしろ「やらないから出来ない」という事実の方が重要なのです。

 

というのは、世の中には「その気になれる人間」と「その気になれない人間」がおり、この違いは個人の資質というより当人が育って来た環境に、深くリンクしていることが多いからです。

 

現在、学校で行われている「総合的な学習の時間」や「体験学習」は、学力よりも創意や自発性を重視したカリキュラムです。

 

これが教育的に妥当であるとされたのは、学力にはばらつきがあるけれど、創意や自発性は全ての子どものうちに等しく分配されている、ということを広く人々が信じているからです。

 

しかし、いったい何を根拠にして、創意や自発性、加えて自然体験や職業体験を通じて「学ぶ喜び」を見出す能力が、全ての子どもに等しく分配されている、ということを人々は信じられたのでしょうか?

 

学校や企業において、意欲の高い子ども(社員)と低い子ども(社員)との差は歴然と存在します。そして、しばしば、その差は学力(個人業績)以上に既に決まっている要素です。

 

例えば、「好きな本を読んで感想を自由に書く」というのと「英単語を100個覚える」というのでは、何となく前者の方が自由度の高い、学力差の付かない教育法であるような気がします。

 

しかし、親兄弟に読書好きが多く、しかも優れた表現力や論理的プレゼンテーション能力が求められる会話が絶えない家庭に育った子どもと、そうでない子どもの間では、「自分の気持ちを自在に表現する」ことにおいて、既に決定的な差が存在します。

 

親の一方が英語のネイティブ・スピーカーで、家では英語と日本語をバイリンガルにしゃべっているという子どもが、「英語で読み書きする」教科でハイスコアを取るのを見て、たいていの人は(口には出さないまでも)「それはフェアな競争ではない」と考えることでしょう。

 

でも、「日本語で読み書きする」教科でハイスコアを取った同じクラスの子どもに対して、その親が「優れた日本語の使い手」であることを理由に、「フェアな競争ではない」と考える人はほとんどいません。

 

それは、「日本人は誰でもみんな同じように日本語が使える」と多くの人が信じているからです。少し考えれば、そんなことはありえないことに誰でも気付くはずなのに。

 

それと同じように、「努力さえすれば報われる」という物言いが通るのは、「全ての子どもには『努力する能力』が等しく備わっている」と、多くの人々が信じているからです。

 

誤解を恐れずに言うと、「これは真実ではない」と思います。

 

「努力できる能力」がある子どもと、その能力がない子どもの間にはハッキリとした境界線が存在し、それは子どもの自己決定とは無関係なのです。

 

「努力すること」を価値とみなす生育環境に生まれついた子どもは努力をし、そうでない子どもは努力をしません。

 

このことは、自分が小中高大と学校に通いながら回りの友達を見ながら看取したことです。

 

そして、社会人として仕事をするようになってからも、各人の間に「努力できる能力」に歴然たる違いが存在し、「努力できる能力」こそが「才能」であると考えるに至りました。

 

3 学歴社会ではないのに学歴から逃れられないワケ

さて、本質的に日本は「学歴社会」ではないことが分かったのですが、「学歴社会」という言葉が一向に無くならない理由はどこにあるのでしょうか。

 

私自身は、学歴について偏見も無ければコンプレックスも持っていないつもりです。

 

でも、そもそもこんなふうに「私は学歴に対して偏見がありません」という宣言をしなければならないところからして、既におかしいのです。

 

学歴の話題を私たちがはばかるのは、どのような論点から学歴を論じようと、それは結局、学歴の社会的意味を増大することに他ならないからです。

 

学歴について誰かが何かを言おうとすると、私たちは必ず「で、そうおっしゃるあなたの学歴は?」という問いを最初に投げかけることを止められません。

 

そして、その発言が「いかにもその学歴に相応しいもの」であれば、「なるほど」と頷いて、学歴の社会的指標としての信頼性はますます高まります。

 

逆に、「そのような学歴の人が口にするとは思われないこと」であれば、それはそれで「そのような学歴の人が、こういうことを言う場合もある」という形で例外ケースが補充され、学歴と人間の言動の関連性についてのデータベースは一層精密なものになるのです。

 

要するに、どう転んでも学歴を論じる限り、私たちは学歴について言い及ぶ「回数」を増やす行為からは逃れられないのです。

 

もし学歴差別を廃した「学歴無用社会」の実現を本当に望んでいる人間が存在するなら、その人は学歴について発言するに際して、「決して自分の学歴を明らかにしない」というところから始めるべきでしょう。

 

しかし、残念ながら、日本のメディアは「決して自分の学歴を明らかにしない」ような人間には、発言の機会を提供してくれません。

 

私たち一般人にしても、本を買う時の著者やテレビのコメンテーターのプロフィールに、学歴が記されていなかった場合、その人の書いていることや言っていることを俄には信じようとしません。

 

例のショーンKの学歴と経歴詐称の出来事を見れば、私たちがそういう肩書きに発言の信憑性の土台を無意識に置いていることが分かるはずです。

 

日本は「学歴で社会的序列が決まる社会」ではないかもしれませんが、「学歴が気になる社会」であることは間違いなく、今後もその傾向は社会に深く根差していくことでしょう。