1 日本人は競争が嫌い

『競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書)』という本の中に、な興味深い調査結果が書かれている。

 

「貧富の格差が生じるとしても、自由な市場経済で多くの人々はより良くなる」という考え方に賛成かどうかを各国で調査したところ、次の結果が出た。

 

「貧富の格差が生じるとしても、自由な市場経済で多くの人々はより良くなる」 賛成の割合

アメリカ・中国・韓国 70%以上
フランス 56%
ロシア 53%
日本 49%

日本の賛成率49%は、12ヶ国のうちで最も低い値だった。

 

同時に「自立できない非常に貧しい人たちの面倒をみるのは国の責任である」という考え方への賛成率も日本が一番低く59%で、次に低い数値を示しているのはアメリカの70%だった。

 

アメリカは国に守ってもらう思想が弱い国民性であるのに、日本の賛成率の方が低いとは予想外の結果である。

 

つまり、この調査結果から読み取れる日本人の考え方はこうなる。

 

「市場競争は嫌い」だけど「大きな政府による再分配政策も嫌い」

 

全くもって何を考えているか分からない国民だということになるが、なぜ日本人は市場競争が嫌いなのだろうか?

 

本書によれば、市場主義の不支持と関係が深そうな日本人の価値観として、以下の2つが別にあるらしい。

 

「運やコネではなく勤勉が成功につながる」

「汚職が無い」

 

そうならば、「勤勉が美徳である」と考える日本人は大いに市場主義を支持して良いはずだが、不思議な国民である。

 

2 表向き実力主義だが本音は運やコネを重視する日本人

ところが、「人生での成功を決めるのは運やコネが大事だ」と考える日本人の比率は年々高まっている。

 

1990年には25.2%だった「運・コネ重視」が2005年には41%と一気に高まった。

その一方で、「所得は何で決まるべきか?」という価値観についての日米のアンケート結果を見ると、アメリカ人も日本人も「選択や努力」で所得が決まるべきだと考えている人が一番多い。

 

つぎに、「学歴や才能で所得が決まるべきだ」と考えているアメリカ人の比率が50%なのに対して、日本では10~15%しかいない。

 

以上の結果からわかることは、日本人は選択や努力で所得が決まるべきと考えていて、生まれ持った運、才能といったあいまいな要因で所得格差が発生することを嫌っている。

 

しかし現実には、人生の成功を決めるのは運やコネであると考える人の比率が年々高まるという矛盾をかかえている。

 

つまり「運で所得が決まるべきではない」という理想を多くの人が持っているのに、「実際は運で決まっている」と思っている人が多いために、「こんな社会やっていられないよ!」という心の叫びを持つ日本人が多いという実態が見えてくる。

 

このように、現代の日本人は避けることの出来ない「市場経済と競争」という現実に対して屈折した思いを持っているが、そういう心のヤミを無視して、家庭でも学校でも会社でも、私たちは「どうやって競争に勝つか」を教えられている。

 

3 僕らは勝ち負けの世界ではなく負けの世界にいる

しかし、現実のビジネスや生活において、勝ち続けることなどあるのだろうか。

 

せいぜい「勝ったり、負けたり」と言いたいところだが、本当のところ僕らの多くは「負けたり、負けたり」しているのではないだろうか。

 

映画のセリフよろしく究極の勝負とは「生死を賭けた勝負」だというのなら、僕たちは全員今この瞬間も確実に訪れる「負け」に向かって進んでいるはずだ。

 

不死身の人間がいない以上、この敗北に例外はない。

つまり、「人間は結局は敗者である」。

 

このことを絶対的な事実として、勝負を捉え直すした方がよくはないだろうか。

 

私たちが勝負に熱中するのは、勝つためではない。「適切な負け方」「意義のある敗北」を学ぶためである、と考えている。

 

4 スポーツで学ぶことは「勝ち」よりも「負け」

スポーツの世界は勝ち負けが分かりやすい分野である。

 

例えば、毎年行われる夏の全国高等学校野球選手権大会の予選には全国で4,000校以上の高校が参加するが、甲子園で優勝するのは一校だけで残りは全て敗者だ。

 

このイベントに何らかの教育的効果があるとすれば、それは間違いなく「どうやって勝つか」を学べることではないはずだ。その教訓を生かせるのは毎年全国で一校しかいないからだ。

 

あれだけの時間とエネルギーを投じながら、たった一校に通じる教訓だけしか授けられないなら、これほど費用対効果の悪い教育事業はない。

 

しかし、現実には高校野球が意義ある教育的事業であるということについては、社会的合意が形成されている。

 

参加者の99%以上が敗者であるイベントが教育的であり得るとしたら、それは「適切に負ける」仕方を学ぶことが人間にとってどれだけ重要だということを(無意識であるにしろ)私たちが知っているからだ。

 

5 適切に負けるための3つのポイント

「適切な負け方」には3つのポイントがある。

 

第一は、「敗因はすべて自分自身にあるという潔い自責と自省」
負けたのは同僚や仲間のせいだとか、リーダーシップが悪かったからだとか言い逃れをするのは見苦しいだけで敬意を得られない。

 

第二は、「敗北から多くの改善点を学こと」
負け試合の後に「私たちはベストを尽くしました。相手が強かったです。もうこれ以上改善努力の余地はありません」という人間は、戦った者への敬意は払えていても、敗北から何も学んでいないことになる。

 

第三は、「負けを悔やまず喜んで受け入れる」
避けられないものは自分から抱きしめるのが得策だ。

 

この3つのポイントなんか当たり前だと思う人は多いだろう。しかし、きちんと実践出来ている人は少ないはずだ。

 

だからこそ、「運で所得が決まるべきではない」という理想を多くの人が持っているのにも関わらず、「実際は運で決まっている」と思うことで負けを認めないというややこしい意識を持つ日本人が多いのだ。

 

不祥事にからんで行われる会見で、責任者が言い訳だらけの話をするのも、多くの日本人にとって、決して「負け」を認めないことが賢い生き方になっているとしか思えない。

 

5 敗軍の将ほど多くを学ぶ

ビジネスでもスポーツの世界でも、一度も負けることなく全ての勝負に勝ち続けることは誰にも出来ない。我々はいつか必ず敗北の日を迎える。

 

そのときに、何の教訓も学ばず、ただひたすら不愉快な後味を残すような「無意味な敗北」を引き受けることだけは避けたい。

 

勝つ以上に多くの利益をもたらす負け方があることを知る。これがビジネスにおいても人生においても大切なことである。

 

それにも関わらず、私たちの多くは、勝った者からその成功の秘訣を授かりたがる傾向が強く、失敗者の言葉は負け犬の遠吠えとして退け、美徳として「敗軍の将は兵を語らず」を好む。

 

しかし、優れた戦略家とは、打ち手が失敗に終わっても、そこからきわめて価値ある何かをつかみ取ることが出来る者であるはずだ。

 

経営者として目指すところも連戦連勝ではなく、多くの負けからさらに多くの果実を得る粘り腰としたたかさである。そのことを肝に銘じたい。